はるろぐ〜2020年社労士試験合格を目指す!〜

趣味の韓国語を休止し、2020年社労士試験合格を目指して勉強中!

テキストは一冊を何度もやる。Marieさんの本から。

アンニョンハセヨ?はるはるです。

 

 

今日は、仕事が終わってから実家に来ています。毎月一回の定期訪問。一人暮らしの父は掃除も、洗濯も、食べることもできるので、極力手を出さないよう、見守るだけ(笑)

 

 

一人暮らしなので、心配はありますが、動けるうちは『自分のことは自分で』やってもらうのが、お互いのため。

 

 

最近引っ張り出してきたテキストをもってきたのですが、実家に帰るとやり残していることがまだあるので、その確認やらで疲れてできそうにない…(;´∀`) 

 

f:id:harulog123:20190719224446j:plain

 帰りの電車の中で読むために、買ってきた本を読んでいました。

 

 

バレットジャーナルの本の作者(Marie)さんによる、英語勉強のノート術の本。この方、ブログによると韓国語のお勉強もされています♡

 

 

眠い目をこすりながら、ぱっと目に飛び込んてきたのが、

 

テキストは一冊を何度もやる

 

という項目。ここは思わず、写真の韓国語なんでもノートにメモメモ。

 

とにかくたくさんやろうとするのではなく、1つのテキストを繰り返し学習する方が効率がよいのです。 

 

解きっぱなしで理解不足なままの問題は、結局何度取り組んでも 間違えてしまう

 

これ、今までの「私の」試験対策のよう?!今は2冊のテキストを掛け持ちしていいるけれど、今じっくりやっていて、同じようなことを思ったので、一度終わったくらいで、本棚に直すのはやめよう…(;´∀`)

 

英語が身につく ちいさなノート術

英語が身につく ちいさなノート術