はるろぐ〜2020年社労士試験合格を目指す!〜

趣味の韓国語を休止し、2020年社労士試験合格を目指して勉強中!

英語上達本から、韓国語学習の見直しを考えてみる。

こんばんは、はるはるです。

 

 

今日は体調不良のため、一日中ゴロゴロしてました。韓国語の勉強はせず読書。

 

f:id:harulog123:20190619204722j:plain


とあるブロガーさんが、英語を勉強されていて、この本に乗っているメソッドを使って韓国語も勉強されていたようなので、気になって買ってきたのです。

 

 

音読はいい!と聞くし、通信で韓国語の講座を受講していた時も、音読は絶対だったので数はこなしました。でも、やり方はきちんと教えてもらってなくて…自己流。この本には、音読の詳しいやり方が回数を含めて書いてありました。

 

 

昨日も書いたけれど、私は話すことができません。長く勉強していた割には、言いたいことが出てこないのです。話せないだけでなく、 文を作ることも危うい状態で…。文を作れないと話せないのも当たり前なんですけど、一年前まではそれに気づいてなかったんです。

 

 

 勉強の再開にあたり、『話すこと』も可能にしたいと思って、出会ったこの本。音読もだけれど、作文もやり方が載っています。とにかく基礎の基礎からやりなおす必要がありそう…。

 

 

一年前までやっていたやり方は、勉強のやり方としては間違っていたのかもしれません。コツコツやっていればいつかは…なんて思っていましたが、コツコツだけでは足りないなぁ…きっと。

 

 

テキストも含め、ちょっとやり方の修正をするつもり。マイノートで、勉強方法をもう少し練り直します。では、また明日!