はるろぐ〜まいにちコツコツ韓国語〜

韓国語好き!はるはる(韓国語で一日一日)の、まいにちの韓国語学習のようす

母が亡くなった日…父が子どもに戻った日。

こんばんは、はるはるです。

今日は、母が亡くなった日のことを。
 
 
2019年4月2日。
午後0時55分…ご臨終です…。
 
 
母の臨終は、あっと言う間でした。
 
 
4/2は朝いつも通りに出勤。上司に母が長くはない事を伝え、その日どうしてもやらなければならない仕事を済ませ、10時15分頃職場を出ました。
 
 
職場から病院までは約1時間。
 
 
弟からのLINEで母の血圧が急激に下がっていることを知りました。
 
 
ねーちゃん、まにあわんかも
と見た時、心臓がバクバク。
 
 
亡くなる数日前に、母がお友だちにお守りを頼んでいたことがわかり、そのお守りを前日の1日に受け取り持っていたので、
 
 
お守り、持っていくから待っとくように言って!!
 
 
そう弟にLINEを送り、病院へ着いた時、母の血圧は60を切っていました。しかし、ちゃんと弟の言う事を聞いて、私を待っていてくれたようです。
 
 
今日を越えられるかは、わかりません…。
 
 
病院についてすぐ先生から話がありましたが、長丁場になりそうだから…と父が叔母を連れて食事に出ました。
 
 
父と叔母が病室を出て30分ほどした時、ガクンと血圧が下がり、モニターのアラームが鳴りました。あまりにも急展開なことに驚く暇もなく必死。
 
 
お母さん、まだアカン!!
お父さん達が、帰ってくるまで待って!!!
 
そこから数度呼びかけ、父と叔母が帰ってきてから逝きました。私が病院に着いてから1時間ほどのことです。
 
 
急激に悪くなった母。亡くなって程なく解剖の依頼を受け、家族全員希望しました。特に父が、母の状態が今後の医療の発展にお役に立てるなら…と強く希望。
 
 
解剖を受けている間、母が入院した時に運ばれた病棟に挨拶に行ったり、片付けをしたりで忙しくしており、葬儀場に母と移動したのは、夜の8時すぎでした。
 
 
2週間以上、休みなく片道2時間かけて病院に行っていたし、葬儀場での打ち合わせ時に、どっと疲れが出て、2回ほど嘔吐…。
 
 
しかし、解剖の話を受けた時はしっかりしていた父が、葬儀場での打ち合わせの時には、子どもに戻ったようになり、言う事がブレブレになり…。これは、体調不良になっている場合じゃない!!と私も持ち直しました。
 
 
亡くなった母も、子どものような父の言動にやきもきしていた事と思いますが、弟と私にいろんな経験をさせることにしたんでしょう。
 
 
長くなったので、葬儀の事はまた明日記事にします。