はるろぐ〜2020年社労士試験合格を目指す!〜

趣味の韓国語を休止し、2020年社労士試験合格を目指して勉強中!

母からの宿題

4月2日に亡くなった母。



長い透析生活をものともせず、趣味を生きがいにしていました。


強い人でした。




反対に、残された父は、マイナス思考の塊のような人(笑)


俺が極楽とんぼやから、寿命を縮めた…。
俺が甲斐性なしやから、苦労ばかりさせた…。


病室で、そんなことをいいながら泣くので、困りました。


今頑張っているお母さんに、そんなこと言うな!


と、何度言ったかわかりません…。




母が家計のことは全てやっていたので、父はお金や保険のことは、全く知らずにいました。


食事の用意とか洗濯とかは、ひとり暮らしの経験もあってか、自分でできます。




実家で弟といろいろと整理をはじめてみると、お金の面では、いろいろな問題を残していました。


何もわからない父と、弟と、私への宿題として残していったかのようでした。




母からの宿題をクリアし、母を亡くし落ち込んだ父の生活を立て直す。


『親が亡くなるなんて、まだ先』だと思っていた私達姉弟への宿題は、カンベンしてくれ!と言いたいところ(笑)


しかし、母からの宿題は、私達に悲しませる暇がないように出されたものだと捉えています。




母が亡くなることで、普段ほとんど連絡を取らなかった弟とマメにLINEでやり取りしています。


弟がいてくれて良かった!と存在そのものに感謝したのは、はじめてだと思います(笑)


10歳違いのお嫁ちゃんも、一生懸命助けてくれるので、とても心強い存在です。


私の夫、息子、娘もそれぞれの立場で支えてくれています。


こうやって色んなことに感謝できる機会も、母が残していったものでした。



こうやってブログに残しておこうと思ったのも、母からの宿題かもしれません。


コツコツ書いていこう!と思います。